さぁーて,終点まで一気に行きましょう。
c0190971_16491060.jpg
出口付近の広場で一服。
c0190971_16493035.jpg

ルピナスの群生。きれいに咲いていました。
c0190971_16503752.jpg
c0190971_16525448.jpg
c0190971_16531002.jpg
終点に到着。ここからは国道を走って宿に帰ります。
c0190971_16543479.jpg
国道に出ると正面に,雄阿寒岳。
c0190971_16545325.jpg

とても景色の良い林道でした。また,走りたいと心に残る林道,飽別白水林道。次回は青空のもと訪れたい。
この林道でのこの景色は一生忘れることがないでしょう。
c0190971_16582169.jpg





[PR]
飽別白水林道のハイライト。阿寒富士と雌阿寒岳を望むダート。そして,一直線の長い林道。
絶景ばかりです。自然の懐に飛び込んでいる満足感でいっぱいです。
c0190971_18115703.jpg
c0190971_18121272.jpg
c0190971_18123233.jpg
c0190971_18130887.jpg
c0190971_18132710.jpg
c0190971_18134933.jpg
c0190971_18141695.jpg
この真っ直ぐなダートが終われば林道も終盤。出口まであと数キロ。結構長かった感じがします。25km程はあっただろうか。






[PR]
「飽別白水林道」・・・道北の「函岳 道北スーパー林道」とはまた違った趣のある素敵な林道です。
しいて言うなら青空が欲しかった。。。
c0190971_16132119.jpg
c0190971_16133730.jpg
c0190971_16135321.jpg
c0190971_16151098.jpg
c0190971_16152459.jpg
c0190971_16154909.jpg
c0190971_16161567.jpg
c0190971_16163271.jpg
c0190971_16165116.jpg
静けさが何とも言えません。ヤツがいそうな雰囲気満々ですが,この林道の素晴らしさにいつまでも浸っていたい気持ちでいっぱいです。来てよかったー。



[PR]
おっーーーーっ,正面に「阿寒富士」が姿を現しました。
c0190971_21242901.jpg
c0190971_21261034.jpg

道幅も細くなり,くねくねと上りをのんびり走ります。天気がよければ,この山の緑もきれいなんだろうな。
c0190971_21263286.jpg
c0190971_21275911.jpg
c0190971_21283641.jpg
c0190971_21292505.jpg
見たかったのはこの景色。素晴らしい。あの山の向こう側はオンネトー。反対側からの景色,一人占めだぁ。
c0190971_21314639.jpg
美しいの一言に尽きます。オフローダーのみに与えられた特権ですよ。この景色は。。。

[PR]
今回の北海道ツーリングで最も楽しみにしていた林道へ。ちょっと天気は曇りですけど予定通り行きましょう。
その名は「飽別白水林道」。前日訪れたオンネトーの東側にその林道はあります。つまり,雌阿寒岳と阿寒富士を挟んでオンネトーの真反対側の山へ入ります。この林道から望む雌阿寒岳も阿寒富士も絶景らしいとの噂です。
きっと人っ子一人いない山の中ですから緊張感をもって走りましょう。命にかかわりますからね。道の崩落,落石があれば勇気ある撤退をする覚悟で入ります。いざ~。
c0190971_18255538.jpg
c0190971_18272011.jpg
入り口からしばらくはフラットダート。所々で落石,崩落はありましたけど。車だと無理だったでしょうね。
c0190971_18291433.jpg
いきなり道幅が広くなり,砂利が敷き詰められているダートになりました。舗装されるのも近いのか・・・。。。
c0190971_18311035.jpg
c0190971_18315993.jpg
c0190971_18330381.jpg
c0190971_18332778.jpg
先へ進むのみ。行きましょう。ちょっと怖い雰囲気ですけれどね。ふぅっ~。。。



[PR]